【フレッツユーザ様対象】迷惑メール対策(OP25B)実施に関して

迷惑メール対策 Outboud Port25 Blocking(OP25B)について

導入の目的

近年、迷惑メールの送出手法として、フレッツ接続のクライアントが直接SMTPサーバに接続してメールを送信するという手法が主流になっております。この中には、迷惑メール送信業者が自らメールサーバを構築して送信している場合もありますし、ウィルス感染により利用者の自覚がないまま利用されている場合もあります。
このような手法により送信される迷惑メールを撲滅するため、Outbound Port25 Blockingを実施いたします。

制限内容

以下の3条件にすべて該当するメール送信を拒否します。

  1. フレッツサービスを利用している。
  2. アピオネット以外の送信(SMTP)サーバを利用している。
  3. 送信(SMTP)サーバのポートがTCP 25番である

上記により、フレッツサービスを利用のお客様がアピオネットの外部の SMTPサーバを利用することができなくなります。

なお、上記の条件に当てはまらないものを例示します。

  • AIR-EDGE、@FreeD、ダイアルアップ接続、アピオンBBを利用してのメール送信
  • Submissionポート(TCP 587番)への通信
  • ウェブメールの利用

 対処方法

OP25Bの影響を受けるお客様は、メールソフトの設定変更を行うなど、以下にあげる回避策を用いることによりメールを送信することができます。

●他プロバイダのメールサーバを利用しているお客様で、ご利用のメールサーバがSubmission Port(Port587)に対応している場合

Submission Port(Port587)を使用してメールを送信するように設定を変更してください。メールソフトの設定は、ご利用中のメールサーバののプロバイダに確認をしてください。

●他プロバイダのメールサーバを利用しているお客様で、ご利用のメールサーバがSubmission Port(Port587)に対応していない場合

送信メールサーバをアピオネットのSMTPサーバ(mail.apionet.or.jp)に変更し、SMTP認証+Submission Port(Port587)の設定を行ってください。

メール設定についてはこちら

※受信メールサーバの設定変更の必要はございません。
※弊社のウイルス&迷惑メールブロックサービスまたは、オリジナルドメインサービスをご利用の方はSMTP認証+Submission Port(Port587)をご利用いただけない場合がございますので、弊社にご相談ください。

Submission Port(Port587)とは

従来メール送信に利用しているTCP25番ポートとは別に、メール送信の受付専用に利用するポート番号のことで、587番ポートを指します。587番ポートを利用することによりOP25Bを実施している他のプロバイダからでもアピオネットのメールサーバを利用してメールの送信を行うことが可能になります。Submission Portを利用してメールを送信する場合は、SMTP認証(ユーザー認証)とあわせて利用するのが一般的です。

SMTP認証とは

SMTPサーバでユーザーIDとパスワードを認証し、認証が確認された場合のみ、メールの送信を許可するという、迷惑メール発信規制手法の一つです。

 
実施時期

2007年3月13日(火)より実施しています。
 


ユーザーサポート窓口/フリーダイヤル:0120-23-1701 受付時間/9:00~18:00(日・祝を除く)