国造焼|鳥取県中部の名産品 | くらしよしNavi

国造焼

昭和50年頃から始まった国造焼(こくぞうやき)。初代から続く伝統の技と新しい作品づくりへの情熱。

国造焼
国造焼『兄妹二人展』のお知らせ ※終了しました

来る6/28~7/3、鳥取市の【Gallery SORA】にて、国造焼四代目佳靖(よしやす)・花野子による『兄妹二人展』が開かれます。

期間:平成23年6月28日(火)~7月3日(日)
会場:Gallery SORA(ぎゃらりー そら)WEBサイトはこちら
住所:鳥取県鳥取市鳥取県鳥取市栄町658-3 駅前サンロード

初代から続く伝統の技

昭和50年頃、初代が国造焼(こくぞうやき)を創始し、三代目山本浩彩(やまもとこうさい)さんを筆頭ととして、4代目の佳靖(よしやす)さん、浩彩さんの次女、花野子(かやこ)さんの3人で、初代から続く伝統の技を今に伝えています。

多彩な色合いが美しい 三代目山本浩彩

花器や壷などは「焼締め(やきしめ)」と言う釉薬を使用しない技法をもちいており、独特で色鮮やかな色彩の作品は数々の賞を受賞しています。

国造焼 三代目山本浩彩作 三代目 山本浩彩作

シンプルで洗練されたデザイン 四代目佳靖さん

山本浩彩の長男佳靖(よしやす)さんは、2001年、浩彩に師事、陶芸を始める。第55回倉吉市美術展で市展賞を受賞。シンプルでモダン、洗練されたデザインと爽やかなフォルムが美しい作品。

花器急須
4代目 山本佳靖作4代目 山本佳靖作4代目 山本佳靖作
女性らしいデザイン 花野子さん

山本浩彩さんの次女、花野子さん。2006年、浩彩に師事、陶芸を始める。草花をデザインしたかわいらしい絵付けが特長。色合い、形も女性らしい優しさが感じられます。

マグカップ お茶碗コーヒーカップ陶画
山本花野子作山本花野子作山本花野子作
国造焼マップ
国造焼マップ 国造焼
お問い合わせ先 国造焼(こくぞうやき)
住所 鳥取県倉吉市不入岡390
TEL/FAX TEL・FAX:0858-22-8388
備考

営業時間 10:00 ~ 17:00
定休日   不定休

国造焼へ寄せられたクチコミ 1

ご飯大好き。さんの投稿 

岡山に帰省中の、ゴールデンウィーク。鳥取砂丘に行く時、立ち寄った道の駅で山本花野子さんのお茶碗に人目惚れしました。優しくナチュラルなデザインに目が釘づけ。
 東京に戻り、今では毎日、ご飯を食べるのが楽しいです。他の作品はネットで買えますか?
 

国造焼のクチコミを募集しています!

国造焼へのクチコミはこちらから
  • できるだけプラスになるコメントをお願いいたします。誹謗中傷はご遠慮下さい。
  • コメントは管理側でチェックし、確認の取れたもののみ公開をしております。予めご了承下さい。

国造焼へのトラックバック 0

関連キーワード

名産品はこちらから お店紹介はこちらから