赤瓦三号館 中野竹藝 竹蔵|土産品・ギフト用品|買いたい | くらしよしNavi

赤瓦三号館 中野竹藝 竹蔵

竹を織りなす巧みの技。日本の伝統を伝える美。

赤瓦三号館 中野竹藝 竹蔵
明治時代から受け継がれた巧みの技

大正元年創業。自社工場で造られた作品を販売しております。

歴代の天皇陛下にも竹細工を献上している老舗「創作工房 中野竹芸」。世界に一つの技術「丸竹加工」と言われる竹を曲げる技術を使った、和洋を問わない洗練された作りは幅広い層に人気です。

造り酒屋の蔵を改装した赤瓦三号館「竹蔵(たけぐら)」には、竹の美しさを追求し、丁寧な仕事で仕上げた伝統的でモダンな竹製品が並びます。

丸竹加工

竹を割らないで丸のまま曲げたり真っ直ぐに矯正し、組み合わせたり重ねて制作する特殊技法です。

写真:円相

円相
二重かんざし 円相 寿波
二重かんざし 円相
寿波

庭シリーズ

ガラス・陶器など様々な器をご利用いただき、山茶花・水仙・コスモスなど、四季の草花をお楽しみください。なお、セットのひしゃくは草花の飾り方によりご自由にお使いください。
※写真は一例です。

写真:花筏(ひしゃく付)

花筏

花篭シリーズ

竹の面を取り表皮をつるつるに磨き、割って布を同一に揃え、さらに薄くヘギ面を取ります。それを丹念に編み上げて、漆を塗って仕上げています。

花篭

バッグ

竹の面を取り表皮をつるつるに磨き、割って布を同一に揃え、さらに薄くヘギ面を取ります。それを丹念に編み上げて、漆を塗って仕上げています。

和のバッグを洋装に合わせると、おしゃれな雰囲気に。和洋問わずご利用いただけますので、いろいろな場でお楽しみください。

バッグ
中野竹藝のあゆみ

大正元年
昭和18年
昭和21年
昭和22年
昭和40年
昭和45年
昭和53年
昭和53年



平成6年
平成6年

平成7年

ドイツ人と提携して竹ペン軸会社創設(本社 神戸)
呉海軍軍需部指定工場となる(竹銃・海軍携帯折畳式寝台)
輸出ステッキ製造(アメリカ・ドイツ・イタリア向け)
天皇陛下へ凰尾竹製硯箱献上の栄に欲す
天皇、皇后両陛下上覧のため煤竹製衝立を作製
日本万国博覧会(エキスポランドクラブ館)に煤竹製衝立を出品
東京、大阪、名古屋、金沢の有名百貨店で中野竹藝展を開催
三越百貨店(日本橋本店)和食器売り場
松坂屋(名古屋本店)美術売場
阪急百貨店(梅田本店)美術売場
大和百貨店(金沢本店)アートサロン
天皇・皇后両陛下御買上げの栄に欲する
高島屋百貨店で開催される日本の伝統展に出展(以後、毎年出展)
大阪高島屋、日本橋高島屋、横浜高島屋、京都高島屋
皇太子殿下、妃殿下に献上の栄に浴する


赤瓦三号館 中野竹藝 竹蔵
名前 創作工房 中野竹藝
住所 鳥取県倉吉市東仲町2573
TEL/FAX TEL・FAX:0858-23-7500
備考

営業時間 9:00~17:00
定休日  元旦のみ休日


  • 実際の位置とずれがある場合がございます。

赤瓦三号館 中野竹藝 竹蔵へ寄せられたクチコミ 1

たまるさんの投稿 

先日、東京ドームで開かれたテーブルウェアフェスティバルで、こちらのお店のかごバッグを買いました。商品の素晴らしさはもちろん、社長さんのお人柄にも魅かれました。機会があれば、鳥取のお店にも行ってみたいです。

赤瓦三号館 中野竹藝 竹蔵のクチコミを募集しています!

赤瓦三号館 中野竹藝 竹蔵へのクチコミはこちらから
  • できるだけプラスになるコメントをお願いいたします。誹謗中傷はご遠慮下さい。
  • コメントは管理側でチェックし、確認の取れたもののみ公開をしております。予めご了承下さい。

赤瓦三号館 中野竹藝 竹蔵へのトラックバック 0

関連キーワード

名産品はこちらから お店紹介はこちらから

このサイトは更新を停止しています。掲載されている情報が古い可能性があります。最新の情報はFacebookでご確認下さい。