おしどりの契り

橋田寿賀子先生プロデュース おしどりの契り お祝いの席の正統派。幸せを招くお干菓子です。

おしどりの契り著名な脚本家・橋田寿賀子先生がプロデュースの『おしどりの契り』は、石谷精華堂店主・故石谷文海が生前、「日持ちのする干菓子を商品に加えたい」と語っていた夢が実現したお干菓子です。夢への思いはすこぶる強く、干菓子用の商標登録『おしどりの契り』を四十年も前に取得していたほどです。

末永い幸せを運んでくる「おしどりの契り」

おしどりの契り古くから「おしどり夫婦」という言葉があるように、仲むつまじく寄り添うおしどりの姿を夫婦円満・和合の象徴としてきました。 円満をモチーフにした、ふたつでひとつの円になるデザイン、紅白の色遣いとゴールドの台座は、おめでたい席にぴったり。 おしどりの羽根にのせて幸せを運んでくれる、末永い幸せを祈るお祝いの席を演出するお干菓子です。

さまざまなシーンで愛される「おしどりの契り」

●おふたりの新しい人生に…ご婚礼のお祝い・引き出物に
●恋が成就しますように…バレンタインデーギフトに
●あま~く、ご縁をかためて…恋愛の成就祈願に
●これからも仲むつまじく…金婚式・銀婚式、結婚記念日などご夫婦のお祝いに
●これからも長生きしてね…敬老・長寿のお祝いに
●ケーキもいいけど…お誕生日の贈り物に
●お干菓子の指定席です…お茶席のお菓子に
●鳥取県の県鳥「おしどり」がモチーフ…鳥取観光のお土産に

ご婚礼の日のための、特別な装い「桐箱入 おしどりの契り」

純粋な幸せを託した「桐」に、真心を込めて

婚礼イメージ桐の花や葉の形は、古くから皇室をはじめ公家や大名家などの家紋の図柄に用いられ、現在でも貨幣の模様にも使用されるなど、日本人にとって神聖な感情がこもる植物です。

かつて、娘が産まれると桐の木の苗を植え、娘が成長して嫁ぐ頃にはその桐でタンスを作り持たせていました。防湿・耐火・防虫に優れた材質と白い木肌に、親は、嫁ぐ娘の幸せを託しました。

婚礼という人生で最も大切な日と桐は、伝統的な縁で結ばれた、特別な組み合わせなのです。

割っても割れない「奇数」は、慶びの証

婚礼イメージ陰陽道に由来する考え方として、奇数は「陽の数」とされ縁起の良い数字とされています。また、割っても割りきれない奇数は「別れない数」として縁起物とされ、お祝いの場面で大変好まれています。

なかでも「9」という数字は、「陽の極まった数」ということで特に縁起のよい数字とされ、「15」は、満月を「十五夜」と例えるよう、満ち足りたことを示すお目出度い数字とされています。

婚礼・引き出物用桐箱

ブライダルのプチギフトに…「一対入 おしどりの契り」

厳選の和三盆糖使用

厳選の和三盆糖使用

『おしどりの契り』は厳選された讃岐の和三盆糖でできています。きめ細かく、口の中でさらりと溶ける口当たりは、心やすらぐ優しい甘さで、世代を問わず愛されるお味です。

鳥取県の県鳥

おしどり

おしどりは鳥取県の県鳥でもあります。鳥取のお土産としても最適。旅の記念にどうぞ。
(撮影:日野町オシドリグループ / 松本利秋)

橋田先生の願い

橋田寿賀子先生

打吹公園だんごファンの橋田寿賀子先生プロデュースの『おしどりの契り』。直筆のメッセージには、橋田先生の願いが…。

橋田先生のお手紙

ご注文はこちら